★ナース転職ワンポイント

ナース転職アドバイス 〜退職までの一連の流れ(参考例)

ナース

私も経験がありますが、勤めていた職場を辞める時は円満に退社したいものですね。
転職先の検討〜決定、退職の相談〜告知〜決定、引き継ぎなどいろいろと大変。
気持ちよく退職・転職するためにも退職するまでの一連の流れの例をご紹介します。
いろいろなパターンがあると思いますので、あくまで参考例としてご覧ください。)

 

【看護師の退職までの一連の流れ参考例】
(1)まず、自分なりに退職予定日(時期)を検討する。
⇒この時には転職支援サイトなどを利用して予め、転職先を決めておきましょう。

 

(2)職場の上司に相談し、退職の意思を伝える。
⇒転職先が決まっている場合、いつから勤務可能かを確認して相談する。
注意点としては、引き留めが長引き、転職先に迷惑が掛からないように配慮しましょう。
転職支援サイトに相談できるコンサルタントがいる場合は、気軽に相談してみましょう。

 

(3)退職日決定
⇒転職先にも連絡。退職日が決まったら、後はその期日に合わせて予定を組む。

 

(4)【退職願】を書いて提出
⇒Googleで「退職願 書き方」で参考例を検索するといいですよ。

 

(5)引き継ぎ業務期間
⇒お世話になった職場に心を込めて引き継ぎ

 

(6)退職日
⇒事前に総務担当者等に返却物や当日受取る物を確認しておくと便利です。

 

◎返却物の例
(健康保険被保険者証、制服・看護服、バッジなど)

 

◎退職者が受取る物
(年金手帳、離職票、、源泉徴収票、雇用保険被保険者証 等)

 

最後は関係者の方々にあいさつを済ませて、気持ちよく職場を後にしましょう♪